A.Lab(設計事務所)の役割とは?

お施主様・A.Lab(設計事務所)・工務店の関係の中で当社の役割について簡単にご説明します。
例えば、家をたてる、改装する、などの建築工事は、オーナー様にとって決めなくてはならない事、
解決しなくてはなくてはならない事が多岐に及びます。
答えが一つでないところも悩ましく難しい点かと思います。
そして、建物は完成してからが始まりですから、新しく素敵な家(建物)であると共に、
長く快適に住う為の長期的視点も大切です。

そのための設計、トータルコーディネートは?
そしてどんな施工業者を選ぶのか?

工事に取りかかる迄の過程で、その後の工事の成否の8割方が決まります。

A.Lab(エーラボ)は、お客様サイドに立った上での自由な立場で以下の業務を行い、
より良い住まい(建築)を作るための可能性を探求してまいります。

業務の内容は?

設計デザイン/トータルコーディネート/工事監理
工務店選択のお手伝い
お施主様サイドから施工業者に指示を出し、予算等の折衝を行うなど

お施主様、A.Lab(設計事務所)、工務店の関係

関係1/設計事務所が入らない場合


第三者的な視点で設計や予算を判断できない第三者的な視点で設計や予算を判断できない

関係2/設計事務所が入る場合


豊富な経験から第三者的な視点で設計や予算を判断できる豊富な経験から第三者的な視点で設計や予算を判断できる


工務店への発注の仕方と設計料

工務店選択のお手伝いも大切な仕事です。
工務店もそれぞれ得意分野があり、木造が得意、鉄骨やコンクリート造が得意、
住宅ならやはり住宅を数多く施工している工務店がおすすめですし、
旅館や保育園なども専門性が高いので経験豊富な工務店が安心です。

見積り合せで工務店を決める場合

設計は全て設計事務所(外注も設計事務所から行う)が行い、設計が全部完了した時、
工務店数社に見積りをとり、内容を検討して施工会社を決定します。
設計料はトータル工事費の6%から10%程(工事金額・工事内容によります)です。

特命で工務店を決める場合

設計の段階から工務店を一社に絞り、施工サイドからの提案等を参考に設計をすすめます。
詳細な設計に入る前に、工務店がおおよその見積もりをしてお施主様の予算との擦り合わせをし、設計完了後に最終見積りをして工事契約をします。
工務店に設計能力のある場合には、業務を分担して設計料を割り引く事もできますが、
分担した業務に関しては、その内容がお施主様のご要望に沿ったものかのチェックと、
工務店への指示を A.Lab(設計事務所)の責任で行います。


ご不明な点やもう少し詳しく聞きたいという場合は、
お気軽にお問い合わせください。

CONTACT

※メールソフトが立ち上がります。


ページのトップへ